アロフト・バンコク・スクンヴィット11の宿泊記①シティビューキングルーム

バンコクホテル

バンコクの夏フェスに参加した日の宿泊先です。終演0時越え、体力のない私はお家まで帰る自信がなかったの。「ヘトヘトだろうし、寝るだけだし!」ということで、マリオットの最安ランクのこちらを予約。ちなみに超楽しかったフェスの様子も見てね↓

アロフト・バンコク・スクンヴィット 11 とは

バンコクのマリオット系ホテルです。

  • Expedia評価8.6
  • 全297室、Nana駅から徒歩7分
  • 今回は「ゲストルーム」を予約
  • 「シティビューゲストルーム」にアップグレード
  • 2名1泊素泊まり4,135THB(=1.6万円くらい)

タイはどのホテル見ても、わりと日本人からの口コミがあって選びやすいですね。

>>Expadiaからアロフトバンコクを予約する
>>Hotels.comからアロフトバンコクを予約する
>>Marriottからアロフトバンコクを予約する
>>agodaからアロフトバンコクを予約する

アロフト・バンコク・スクンヴィット 11の宿泊記|プラチナ特典

入口はこちら。ロビーも周辺も、見事に西洋人ばかりです。バンコクって感じ。ホテル内6Fにもクラブがあって、夜はもっとミチミチに外国人観光客がいました。

しかしお昼はホテルも外も割とガラリン。カウンターでビジホな感じのチェックイン。プラチナ特典は以下を受け取れました。

  • ドリンクチケット1名1杯分(バーかプールで利用可)
  • 16時までのレイトチェックアウト
  • 無料朝食
  • ポイント50%UP
  • 客室アップグレード

「アリガトー」「チョトマッテネ」と、気まぐれに日本語を話してくれる優しいおっちゃんスタッフ。なぜか歩き方がペンギンの完コピで愛おしかった。手をピーンと反ってるの。

アロフト・バンコク・スクンヴィット 11の宿泊記|客室紹介

アサインされたお部屋はこちらの2209号室です。予約したお部屋「ゲストルーム」から「シティビュールーム」へと客室名称が変わっていたのですが、何がどう変わったのかよくわかりませんでした。景色だけ?

ベッドルーム

まずはメインのお部屋です。超シンプル。30㎡ちょっとくらい。寝るだけにしてはまじ十分。

正面から見るとこう。タイっぽい切り絵?が飾られています。部屋の空調が19度で極寒でした。タイあるある。

ベッド脇はおしゃれ時計。以前、クロスホテル札幌で見たことがあります。「クロスホテルにあったやつだ」とパッと思い出せるの、私ってホテル好きなんだな〜と実感する。

お部屋の隅にはソファとミニテーブル。ソファは一晩なら寝られそうな大きさです。ミニテーブルは、食事するには心もとない感じ。

ミニバー

ベッド正面はこんな感じで長いデスクになってます。デスクライト、コンセント、長時間座ってもお尻痛くならなそうな椅子があってビジネスでも使えそう。そんな立地じゃないけどね。

雑貨類がモクシーみたいなどピンクです。モクシーも、インバウンドが戻れば外国人だらけになるんだろうなー。

有料のスナックコーナー。夜お腹が空きすぎて、ウッカリ手が伸びそうになるラインナップ。

冷蔵庫内も、全部有料でございます。

バスルーム

玄関入ってすぐ右手がバスルーム。お部屋に対してかなり広いと思います。

口ゆすぐ用?のChangのお水が2本、歯ブラシ、ボディローション、シャワーキャップなどがなぜか1名分のみ。追加分は部屋に置いてあったQR読み込むと、そこからスマホでリクエストできました。

洗面台の後ろに、ミニバーその2がありました。金庫もここに。

無料でいただけるのはこちら、コーヒー4つとセイロンティー2つ。持って帰ろーと思ったのに、忘れてたことを今思い出しました。

ドライヤーがイカつくて良い。海外のドライヤーって電圧強いから?爆風でめっちゃすぐ乾く気がする。その隣にはモルモン教の本。なぜ?と思い調べてみると、創業者が敬虔な教徒だったらしい。はぇ〜。一生誰にも披露しなそうな知識だ。

おトイレはこんな。東南アジアのこの手動ウオッシュレットって、いまだにデビューできてない。今までここに泊まった何百人もの老若男女のうんこ汁が持ち手部分にも飛び散ってそう・・・と思ってしまう。

タオル類はトイレ正面に。バスタオルのみの設置でした。

スリッパのチープさに驚き。ペラッペラ、透けてるのでは?と思うほど。トイレットペーパー製って感じでした。

シャワーはレイン式のみ。匂いとかは全くありませんでした。さすがキッチリ清掃されてます。ここだけ謎にベネトンみたいなポップな壁紙。

シャンプー類はこちら。アロフトはどこもこれなのかしら。日本も含めて、初宿泊だったのでよく分からず。サッパリ系の使い心地に感じました。

アロフト・バンコク・スクンヴィット11の宿泊記|部屋紹介のまとめ

綺麗で広くて値段に対して十分満足できました。バスタブとトイレはやっぱり日本の方が高クオリティだけどね。周辺にはクラブもバーも大麻屋さんもエッチなお店もたくさんあったので、そういう遊びをする日の宿泊先によさそうです。

予約サイトによる価格差はないのでポイント貯めてるサイトからどうぞ↓

>>Marriottからアロフトバンコクを予約する
>>agodaからアロフトバンコクを予約する
>>Hotels.comからアロフトバンコクを予約する
>>Expadiaからアロフトバンコクを予約する

次回は朝食ビュッフェ&屋外プールをご紹介。

コメント

タイトルとURLをコピーしました